EZServlet package Ver. 2001.3.15
最新情報:
New version 2001.3.15 release ! バグフィクス少々、新機能追加。(2017/12/03)
コンセプト:

WEBベースのシステム構築において、Visualな部分とSystemのロジック的な部分は通常、別の担当者がそれぞれ設計・構築を行うことが多く、また、それらの作業は、同時並行的に行われることが多いのが一般的です。その様な、開発体制において、これまでのHTML中にコードを埋め込むスクリプトタイプのアーキテクチャを適用した場合(JSP/ASP/PHPなど)でも、また、逆にプログラムで全てのHTMLを処理・出力するような形態(素のservlet、CGI Perlなど)を取った場合、いずれにおいても、1つの同じリソースを複数の担当者が編集することになり、これらの同時並行作業はおろか、メンテナンスにおいても、リソースの管理が問題になりがちです。

このパッケージは、その問題を解決するために、Visualな部分をテンプレートと呼ぶHTMLに可能な限り局所化し、逆に、ロジカルな部分をservletとしてのJavaプログラムに閉じさせることで、各担当者が独立的に作業を進めることを可能にします。結果的に、プログラムロジックは比較的シンプルになり、アプリケーションの開発作業自体も単純化されます。

使用上の注意

最新版は、Java SE 8ベースで構築、Java SE 8, Apache Tomcat 8.5ベースでテストされています。

概要:

このパッケージはJava servletによるアプリケーション開発を効率的に行うためのJavaライブラリ集です。

ダウンロード前に必ず、使用条件をご一読ください。

また、本製品に関するお問い合わせ、バグレポートはsupport@ngmat.comまでお願いします。